奈良県知的障害者施設協会様が コロナ第2波、第3波に備え職員研修をオンライン化 福祉業界でのICT活用の第一歩に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障がい福祉専用オンライン研修サービス「スペシャルラーニング」を提供する、株式会社Lean on Me(リーンオンミー、本社:大阪府高槻市、代表取締役:志村駿介)は、奈良県知的障害者施設協会様に「スペシャルラーニング」の無償提供をご案内し、2020年7月から8月までの2か月間、同協会に加入する全ての施設の職員様に、同ツールを用いたオンライン研修に取り組んでいただくこととなりました。

オンライン研修に取り組んでいただくことになった背景

奈良県知的障害者施設協会 会長

社会福祉法人青葉仁会 萌あおはに 田ノ岡 敏雄 様より

これまで奈良県知的障害者施設協会では、加入する施設職員の方を対象に、定期的に集合研修を開催してきました。しかし新型コロナウイルスの影響を受け、計画していた外出や集合を伴う研修を縮小せざるを得ない状況となりました。

現在では、徐々にこれまでの研修の形に戻り始めているものの、今後のコロナ第2波、第3波に備え、職員の皆さんが集まらずとも実施ができる方法も確立していくべきだと考えていました。

また広くICTを活用した業務効率化が進む中で、私たち福祉業界でも積極的に活用することで、施設運営や現場の業務の効率化を推進していきたいとも考えていました。

このような状況下で、リーンオンミー社よりオンライン研修サービスの無償提供の申し出をいただき、今回、新型コロナウイルス対策を行いつつ、福祉業界でのICT活用の第一歩を踏み出す機会としました。

今後は協会に加入する71施設の職員で「スペシャルラーニング」を活用し、さらなるケアの質の向上を図るとともに、ICT化に向けたコストと効果のバランスを見ていきたいと思います。

オンライン研修のメリット 

同協会での活用をサポートするリーンオンミーの担当者より

(写真:株式会社Lean on Me執行役員 足立惇)

コロナ渦におけるオンライン研修のメリット

・場所や時間の制約がなく個々で受講いただけるので、職員の方々の感染リスクを抑え、ひいては利用者さんの感染予防となります。

・集合研修が行えない時期でも、継続的に障がいのある方への支援方法を学んでいただけますので、例えばコロナ予防として利用者さんを閉じ込めてしまうなどの、間違った対応をなくすことができます。

福祉業界でのICT化のメリット

・集合研修の会場費、交通費、講演費、テキスト費などが削減できます。また、研修にまとまった時間を費やすのではなく、その時間を利用者さんのケアの時間にあてることで、ケアの質の向上も期待できます。

・受講いただく職員の方の理解度や習熟度を、データをもとに正確に把握することが可能となり、その理解度にあわせたメニューで学び進めていくことができます。

・タブレットなどのモバイル端末を活用することで、スマホ世代である若手人材の確保に寄与し、人手不足解消につなげることができます。

新型コロナウイルス対策によるオンライン研修無償提供のお知らせ

コロナ禍において、障がい者を支援する方々の研修の延期や中止が相次いでいます。これまで定期的に実施されていた研修を受講できず、貴重な学びの機会を損失していることをふまえ、現在、障がい福祉専用オンライン研修サービス「Special Learning(スペシャル ラーニング)」を一定期間、無償提供しています。詳細はこちら ⇒ https://leanonme.co.jp/korona/

 

Special Learningの概要

Special Learning(スペシャルラーニング)は、社会福祉法人の職員様や、障がいのある方を積極的に雇用する一般企業の社員様を対象に、障がい者を支援するうえで必要となる知識をインターネット動画で学ぶことができるサービスです。1コンテンツ3分程度の短い動画教材が合計300以上あり、例えば非常勤職員、中間管理職、幹部などの職階ごと、また支援が必要な方の障がいの程度ごと等、最適な受講コースが設定されています。日常の支援でつまずいた時、自分がいま必要とする知識(コンテンツ)を自ら選択して学ぶ(視聴する)ことで、実際に適切な支援をおこなうことができるようにサポートするサービスです。受講後の視聴レポートや、理解度チェックのための小テスト、そして管理者向けには、職員の受講状況や理解度を確認するための機能もあり、現在36都道府県270以上の事業所で導入いただき、ユーザー数は14,000人を超えています。

<Special Learningのテーマとコンテンツ例>

  • 安全面(AEDの使い方・応急手当・防災マニュアル・移乗介助の仕方 など)
  • 健康面(アセスメントシート・嘔吐処理・感染症予防・投薬管理 など)
  • 権利面(基本的人権・障害者差別解消法・虐待の5類型・運営適正委員会 など)
  • 提供価値面(支援者としての振る舞い・利用者さんとのコミュニケーション・支援者の役割 など)
  • 組織面(障がい福祉サービスの特性・社会福祉法人の役割・障がい福祉に適した組織図 など)
  • 権利擁護・虐待防止(社会福祉法人北摂杉の子会とのコラボコンテンツ)
  • 性的自立支援(一般社団法人ホワイトハンズとのコラボコンテンツ)
​3分で障がいのある方への挨拶の仕方が学べます。(サンプルは下記をご視聴ください)

 

株式会社Lean on Meについて

社名 :株式会社Lean on Me
所在地 :【本社】〒569-0093 大阪府高槻市萩之庄5-1-1-502
【東京支店】東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル12階
TEL :072-648-4438
FAX :072-668-2066
設立 :2014年4月1日
資本金 :3,730万円(準備金を含む)
代表者 :志村 駿介
URL :https://leanonme.co.jp
事業内容:障がい福祉専用eラーニング研修「Special Learning」
知的障がい者テニス教室「Special Tennis」
顧問弁護士:弁護士法人飛翔法律事務所

【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社Lean on Me:志村
TEL:072-648-4438/FAX:072-668-2066
E-mail:info@leanonme.co.jp

本プレスリリースのPDFはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読いただけます