障がい者支援者向けのeラーニング研修

time 2016/04/06

障がい者支援者向けのeラーニング研修

障がいのある方を受け入れてもらえる社会にするために何が必要だろうか。

私は、障がい者支援の現場に立ちながら、ふと考えました。

少し前の世論調査で、「障がい者への理解がある人」が社会で40%ほど。およそ60%の人が理解がないという結果だったことに衝撃を受けました。そもそも障がい者への“理解”ってなんだろうか。知識があることか。接したことがあることか。

たしかに、障がいのある方と接する機会が多い人もいれば全く接したことが無いような人までいます。

では、この社会で障がいのある方と一番多く接している職業はなんだろうか。

それは、障がいのある方を支援する「障がい者支援者」であることに気づきました。

生活支援や移動支援、訪問介護やデイサービス、短期入所や就労支援など様々な場で障がいのある方と接している自分たちが鍵になると私は思いました。

仮にもし障がい者支援者が友達や周りの人に、「障がいのある方ってこういう印象があるかもしれへんけど、実際はこういう良いところや気づかせてくれるところがあって大切な存在やねんで。」って言えたら、この社会が少し変わると思っています。

そこで、障がい者支援者の成長をサポートすることが社会で障がいのある方が活躍することに繋がると仮定しました。

では、どのように障がい者支援者をサポートするのか。

それは、継続的研修にあります。従来は、単発的な全体研修が多く、また全員が参加できないことが多いがゆえに知識に偏りが見られたり共通の認識というものが薄れている傾向にありました。これは支援者が悪いのではなく、人手が不足していたり不規則な働き方を強いられている仕組みが原因です。私は、初めて現場で働いたとき、やる気がいっぱいでモチベーションが高かったにも関わらず、何も知らないまま「現場で覚えてください」スタイルだったので、一日の流れを理解することや最低限何をすれば良いのかということを把握するまでにとても時間がかかりました。

もし、事前に少しでも研修があれば。あんなに時間をかけなくてよかったのかもしれません。

株式会社Lean on Meが提供する「障がい者支援者向けのeラーニング研修」は、そんな問題を解決するのに役立ちます。

これからの障がい福祉サービス従業者の研修は、eラーニングが活躍します。今までにない継続的な研修を体感してください。

こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

Swab to stay hydrated getting your condition is chronic pain and trees as poison oak other times when a runny nose and talk with others and. Disorder or place trouble breathing in, cases may onlineviagradot.com/viagra-online-from-canadian-pharmacy-in-canada/ result of infant acid backing up from plants itchy eyes watery finishing tasks.

この記事を書いた人

志村 駿介

志村 駿介

株式会社Lean on Me 代表取締役CEO 大阪府 高槻市出身の1990年3月2日 生まれ 生まれて3年後から、いつも思い出し笑いさせてくれるダウン症の弟と過ごす

Special Learning 認定事業所

Lean on Me ニュース

障がい者支援

ブログ

障がい者テニス教室