障がい者の虐待について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虐待とは

虐待とは、英語で「abuse」と言います。abuseの意味を日本語に直訳すると、「乱用」です。

障害福祉サービス従業者(障がい者支援者)の障がい者へ対する虐待とは、

支援者が自分の欲望の充足のために障がい者を乱用するということです。

 

人は、人の世話をするときに自分が楽をしたいという気持ちから、知らず知らずのうちに人をコントロールしようとしてしまいます。そこで、もし自分の思い通りにいかずにイライラしてしまうと少し危険な状態と言えるでしょう。 viagracanadapharmacybest

虐待をされると人はどうなるのか

虐待をされた人は、いつもと同じ場所にいてることに安心できなくなります。安心できない環境にいると、自分の意志を抱くことすら不安になります。自分の意志が持てなくなると、前向きに生きることもできなくなり、生きる力を失っていきます。

落ち着かないのではなく、落ち着けなくなっている可能性もあります。

 

重度の知的障がいの方が一緒に生活をしている現場に立つと、多動で落ち着きのない方もおられます。しかし、時には最初は落ち着いていたにも関わらず、時間と共に落ち着きがなくなる方がおられます。このような方は、安心ができない環境なのかもしれません。

障がい福祉従業者専用の研修情報を受け取る
これからの障がい福祉サービス従業者の研修は、eラーニングが活躍します。今までにない継続的な研修を体感してください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読いただけます