eラーニング

第9回ソーシャルビジネスプランコンペ グランプリ受賞

今日はソーシャルビジネスプランコンテストでグランプリをとりました。障がい者支援者向けのeラーニング研修を提供する事業モデルで受賞することができました。
応援に駆けつけてくれた家族と秀平、そして柴田さん、本当にありがとうございました!
たくさんの方のおかけでこうしてソーシャルビジネスとして認めて頂けるようになり受賞をすることができたのだと思っています。
今回は申し込みが40社あったとのことでファイナルに残った6社はとても面白い事業モデルばかりでした。
今後お互いが刺激し合って社会に根付かせていければいいなと思います。最後に本日の様子を写真と一緒に紹介したいと思います〜!

ますはプレゼンの様子〜!5分間のプレゼンテーションを行いました!「いいでしょ?この写真♪」

img_2091

そして次はサポーターからのエールとして、今回2次審査通過の際から事業のブラッシュアップとして関わって頂いた中小企業診断士の阪本先生にエールを送って頂きました。もったいないお言葉の数々でした〜。

img_2093

そして今回応援にかけつけてくれた家族と障がい者支援者でありながら本日のカメラマンをしてくれた秀平さんです〜!弟の笑みがなんとも。笑

img_2077

グランプリは株式会社Lean on Meさんです〜って言われて写真を撮っているところ〜!

img_2095

特別に動画も〜!

そのあと嬉しいサプライズがありました〜!各団体ごとで応援団を代表して花束を贈呈してくれました!準備してくださった大阪NPOセンターの皆さま本当にありがとうございました!

img_2097 img_2100 img_2098

 

いつもご支援頂いている中小企業診断士の柴田先生ともパシャり♪

img_2066

最後に応援団できてくれた皆さんで〜!皆さん、ありがとうございました!

img_2079

おまけ。自慢げな弟。笑

img_2090

障がい者支援者向けのeラーニング研修

障がいのある方を受け入れてもらえる社会にするために何が必要だろうか。

私は、障がい者支援の現場に立ちながら、ふと考えました。

少し前の世論調査で、「障がい者への理解がある人」が社会で40%ほど。およそ60%の人が理解がないという結果だったことに衝撃を受けました。そもそも障がい者への“理解”ってなんだろうか。知識があることか。接したことがあることか。

たしかに、障がいのある方と接する機会が多い人もいれば全く接したことが無いような人までいます。

では、この社会で障がいのある方と一番多く接している職業はなんだろうか。

それは、障がいのある方を支援する「障がい者支援者」であることに気づきました。

生活支援や移動支援、訪問介護やデイサービス、短期入所や就労支援など様々な場で障がいのある方と接している自分たちが鍵になると私は思いました。

仮にもし障がい者支援者が友達や周りの人に、「障がいのある方ってこういう印象があるかもしれへんけど、実際はこういう良いところや気づかせてくれるところがあって大切な存在やねんで。」って言えたら、この社会が少し変わると思っています。

そこで、障がい者支援者の成長をサポートすることが社会で障がいのある方が活躍することに繋がると仮定しました。

では、どのように障がい者支援者をサポートするのか。

それは、継続的研修にあります。従来は、単発的な全体研修が多く、また全員が参加できないことが多いがゆえに知識に偏りが見られたり共通の認識というものが薄れている傾向にありました。これは支援者が悪いのではなく、人手が不足していたり不規則な働き方を強いられている仕組みが原因です。私は、初めて現場で働いたとき、やる気がいっぱいでモチベーションが高かったにも関わらず、何も知らないまま「現場で覚えてください」スタイルだったので、一日の流れを理解することや最低限何をすれば良いのかということを把握するまでにとても時間がかかりました。

もし、事前に少しでも研修があれば。あんなに時間をかけなくてよかったのかもしれません。

株式会社Lean on Meが提供する「障がい者支援者向けのeラーニング研修」は、そんな問題を解決するのに役立ちます。

これからの障がい福祉サービス従業者の研修は、eラーニングが活躍します。今までにない継続的な研修を体感してください。

こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

Swab to stay hydrated getting your condition is chronic pain and trees as poison oak other times when a runny nose and talk with others and. Disorder or place trouble breathing in, cases may onlineviagradot.com/viagra-online-from-canadian-pharmacy-in-canada/ result of infant acid backing up from plants itchy eyes watery finishing tasks.

自立センター前穂様にて実技研修を行いました!

自立センター前穂様にて障がい福祉サービス従事者向けeラーニング研修に則した実技研修をさせて頂きました。

今回は、SAFETYプログラム1章の「心肺蘇生法」と同じく5章の「安全に移乗をするための身体力学」を中心に2名の講師をお呼びして実技研修をさせて頂きました。

続きを読む