虐待防止の”義務化” 障がい福祉施設の取り組み事例

開催日時

  • 2024年06月25日(火)

お申し込み締切:2024年06月23日(日) 23:59 まで

視聴情報の受取り方等は画面下部の【セミナー詳細】に記載しています。必ずご確認ください。

令和4年度から「虐待防止委員会・虐待防止責任者の設置」などが義務化される中、施設としてどういう取り組みが求められているのか?研修ってどんな事を教えればいいの?委員会ってどうやって設置するの?など事業所としての具体的な取り組み、更には実際に起きた虐待事例まで学べる内容になっています。
『虐待防止”日本一”』を目指し、全国から講演依頼が殺到する「北摂杉の子会」の虐待防止委員会担当理事・平野貴久さんが、支援現場で役立つノウハウを余すことなく公開します。

こんな方におすすめのセミナーです

  • 法人・事業所の研修担当者
  • 虐待防止委員会等で職員に学習機会を提供する担当者

講師情報


社会福祉法人北摂杉の子会 権利擁護虐待防止委員会 担当理事

平野 貴久 氏

佛教大学社会福祉学科を卒業。
京都、滋賀の入所施設などで経験を得た後、社会福祉法人北摂杉の子会へ入職。
「萩の社(知的障がい者更生施設)」「ジョブサイトひむろ(生活介護事業)」で勤務した後、現在はグループホーム「レジデンスなさはら」(2012年4月開設)ほか3つの施設の管理者を務める。
強度行動障がいのある方の地域生活支援や、虐待防止体制の構築を目指し尽力され、他法人事業所からの講演依頼も多数。
「障がい者虐待防止の体制整備」をはじめ、「グループホームの制度」「強度行動障がいのある方への地域生活支援」「離職者を減らす人材育成」など多岐にわたるテーマで招聘されている。

セミナー詳細

タイトル 虐待防止の”義務化” 障がい福祉施設の取り組み事例
開催日時
  • 2024年06月25日(火)
  • ※当日8時から翌日15時までの間、お好きなタイミングで視聴可能です。

講義時間 30分
開催場所 オンライン開催
参加費 無料
参加方法

下記フォームより参加お申し込み後、自動返信メールにてセミナー予定をお知らせします。


※24時間以内に返信メールが届かない場合は、お手数ですが、 【お問い合わせ】 より、ご連絡いただきますようお願いいたします。
(その他お問い合わせ内容に「セミナーについて」とご記載ください)


※セミナーに関する連絡はお申込み時のアドレス宛にお送りいたします。
稀に【迷惑メール】【プロモーション】フォルダ等に自動振分けされることがございますのでご注意ください。

お申し込み期限 2024年06月23日(日) 23:59 まで