からあげをたくさん食べたい。〜ダウン症の弟が作成した手帳2018〜

time 2017/11/22

からあげをたくさん食べたい。〜ダウン症の弟が作成した手帳2018〜

みなさん、こんにちは!
今年も「からあげプロジェクト!」の時期がやってきました!

おかげさまで、今年もからあげをたくさん食べることができました。(たまにチキンを選ぶときあり)

からあげプロジェクトとは、ダウン症の弟が「からあげをたくさん食べたい!」という想いを形にするために、弟に手帳のデザインを絵描いてもらい、販売したお金でその想いを叶えようというものです。今年で第3弾になります!
1冊 購入はこちら
2冊まとめて 購入はこちら
5冊まとめて 購入はこちら
10冊まとめて 購入はこちら

初めましての方へ

私には、24歳の弟がいます。弟と過ごす時間がとても大好きです。
27歳にもなって、弟と過ごすのが「大好き」と言うと気持ち悪がられるかもしれません。

でもそれは、事実です。
なぜ大好きかというと、もしかしたらそれは、弟がダウン症だからなのかもしれません。

img_2846

ダウン症

私の弟が生まれたとき、お医者さんに、「もって10才までだね。」と言われたそうです。

そうです。ダウン症は、一般の人よりも歳をとるスピードが3倍早いと言われています。
しかも、合併症と言ってダウン症の他に心臓や肺や腸などが生まれつき弱い場合がたくさんあります。

私の弟は、先天性巨大結腸症で、生まれてすぐに腸を3分の1切除する手術をしたので弟のお腹にはずっと縫ったあとの傷があります。
そんな弟は友達を笑顔にするのが得意です。

良い人生にしてあげたい

私は弟を、良い人生にしてあげたいです。
医療も発展してきているので昔よりも長く生きれるようになってきています。
それはラッキーなことです。

しかし、障がいがある以上、いつまであの笑顔がみられるかはわかりません。
だから、いま私ができることを頑張って弟にしてあげたいです。

弟の幸せを考えたときに思いついたのが、「からあげ」でした。
弟に、「なに食べたい?」と聞くと真っ先に答えるのが、「からあげ」です。

そう、「からあげ」が弟の笑顔の秘訣なのです。

「からあげ」

今までは、私が稼いだお金で弟に「からあげ」をご馳走していました。
それは私にとっても、最高の喜びでした。

しかし、もし私が死んでしまって、弟が一人取り残されてしまったら、「からあげ」を食べることができなくなってしまうかもしれないと思ったのです。
そこで弟には、自分の力で「からあげ」を食べるお金を稼ぐ方法を身につけてもらう必要があると思いました。
そこで弟が好きで描いている手帳にして販売することにしました。

弟が描いた絵

弟は絵を描くときに様々なタッチで描きます。
気分やマイブーム的なものがあるのか、昨年描いた手帳の絵と今年の絵は全くの別物でした。
しかし、クレヨンを持ち、真っ白のキャンパスを目の前にしたとき、何の迷いもなく、すぐに描き始めたのです。

昨年の手帳は、おかげさまで114冊売れました。
在庫がなくなってしまい、購入希望頂いた方もお届けすることができませんでした。
今年は、私が運営している株式会社Lean on Meが総力を挙げて制作に取り組み、また障がい者支援施設の生活介護で働く知的障がいのある方々にも仕事として内職もお願いしているので、今年はみなさまの手元に届けることができると思います。
※これだけ言っといて手元に届かないこともありえるので早めに買ってもらえると助かります。汗

手帳の詳細について

手帳の販売を全てネット上でさせて頂きたいと思っています。(実は、過去に発送はしたものの入金頂けなかった方が何人かいたので…)

気になる手帳の料金ですが、1冊あたり¥500(税込)で送料は無料です。
ただし、海外からの注文に関しては送料を頂く場合があります。(カナダから購入頂いたこともあって)

販売をネット上とご説明しましたが、Paymobizというクレジットカードで決済ができるものを使用しています。
下記にあります、購入ボタンからページに進んで頂き、入金が確認できた方から順番に発送していきますのでよろしくお願い致します。

ご注文頂いてから発送までの期間は障がいのある方の作業ペースなども考慮して、1~2週間かかる場合がありますのでご了承ください。

手帳表紙 手帳裏 手帳中身

1冊 購入はこちら
2冊まとめて 購入はこちら
5冊まとめて 購入はこちら
10冊まとめて 購入はこちら

この記事を書いた人

志村 駿介

志村 駿介

株式会社Lean on Me 代表取締役CEO 大阪府 高槻市出身の1990年3月2日 生まれ 生まれて3年後から、いつも思い出し笑いさせてくれるダウン症の弟と過ごす

Special Learning 認定事業所

Lean on Me ニュース

障がい者支援

ブログ

障がい者テニス教室