大阪府障がい者ITサポーターの資格取得|株式会社Lean on Me

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府障がい者ITサポーターとは

大阪府障がい者ITサポーターはボランティアとして、障がいのある方の情報通信基礎技術の向上のためサポートを行い、進展する高度情報通信化社会に障がいのある方が立ち遅れることなく対応できるように、情報格差(デジタル・デバイド)の解消、主にIT活用した就労への支援など、障がいのある方の社会参加と自立が促進することに貢献することを目的としています。(引用元:大阪府ITステーションHP)

障がいのある方へITを教えられる存在の必要性

株式会社Lean on Meの神稲直美は、大阪府公認の障がいのある方へITを教える資格を取得しました。

今までは、軽度の発達や精神障がいのある方がパソコンの入力作業などを通して社会進出をするためにITを活用される傾向がありました。しかし、これからは重度の知的障がいのある方も含め(アプリなどを通じて)意思疎通の手段としてITを活用する時代が来ています。そのため、支援者やご家族また職場の同僚や学校の先生など、障がいのある方を取り囲むステークホルダーの皆さんもITを使いこなしていく必要があります。今まで”言葉がなかった”方が、言葉を伝えることができるようになる可能性をもったテクノロジーだと思います。

参考動画:Dillan’s Voice(Apple Japan公式youtubeチャンネルより)

支援者のICT教育

障がい福祉サービス事業所の職員研修として、利用者さんが活用できるIT(アプリケーション)の使い方講座などご用命がありましたら下記よりお問い合わせください。

イメージ写真:提供 photo AC

問い合わせはこちら

御社名*

担当者名*

メールアドレス*

メッセージ本文*


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読いただけます