Lean on Me ニュース

日本経済新聞にて株式会社Lean on Meが紹介されました!

2017年12月28日(木)の日本経済新聞朝刊(関西版)に掲載いただきました!
今年もあと少し、頑張るぞー!

以下転載
−————————————————————

福祉の動画教材3倍の100種に リーンオンミー、施設向けなど
スタートアップ 関西

障害者福祉施設の職員を対象にしたインターネット教育を手掛けるスタートアップ企業、リーンオンミー(大阪府高槻市)は、動画教材を2019年3月期末に100種類と3倍に増やす。介護福祉士の資格取得など施設ニーズが高いコンテンツを開発し、研修先を開拓する。

一般企業の経営者や採用担当者が障害者雇用の法制度や注意点、雇用する利点を学べる教材も追加する。教材のコンテンツ開発費として、16~17年にファンドからの出資や金融機関からの借り入れで計2500万円を調達した。

障害者福祉施設では「教育を職場内訓練(OJT)に頼っている」(志村駿介社長)という。同社はこれまで障害者への適切な接し方や薬剤の知識習得など35種類の動画教材を開発した。

1コンテンツの再生時間は約10分。職員は約半年かけて全て受講し、修了後に認定試験を受ける。システムの初期設定で6万4千円のほか、職員1人あたり月額1500円の利用料が必要。現在は4法人の職員80人が受講している。

同社は14年創業で18年3月期の売上高は1600万円の見込み。動画教材拡充で研修先を開拓し、19年3月期は売上高2700万円を目指す。

日本経済新聞 電子版

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25184720X21C17A2LKA000/

日本政策金融公庫主催高校生ビジネスプラン・グランプリにて特別講和!

今日は日本政策金融公庫さんが主催される、高校生ビジネスプラン・グランプリで講演させていただきました!

今回は、「僕が考える、障がい福祉の未来と高校生の今だからやってほしいこと」というテーマで話させてもらいました。
「高校生に先輩起業家としてビシッと言ったってください」というような依頼だったのですが、びっくりするくらいしっかりしたアイデアばかりで、逆に僕なんかで良かったのかと思わされました。
高校生ながら問題の予測をして行動に移し、修正してさらに改善していくというサイクルを何度もしてきたことが伝わってきて、とても磨かれたビジネスモデルばかりでした。
いやー、5年後、10年後にはこんな優秀な彼らが後ろから迫ってくると考えると自分もより一層気を引き締めないといけないと感じました。

26000921_10211304738474406_5130983252921185387_n 26047389_10211304738994419_5731726483192475218_n

大阪医専にて株式会社Lean on Meの取り組みを話しました!

障害者ドットコムの川田社長からの紹介で大阪医専で講義をさせていただきました!
精神保健福祉士を目指す学生ばかりだったので、知的障がいのある方の支援に関する話は興味がないかなと思っていたのですが、意外と知的障がいのある方の支援に携わる方や興味を持ってくれる方が多くて驚きました。
現場で働きながら勉強する姿勢など、こちらも刺激をいただきました。
川田社長、ありがとうございました!

IMG_8927

大阪府からのご依頼で株式会社Lean on Meの取り組みについて登壇させていただきました!

大阪府からご依頼いただいた「介護・福祉」スタートアップ・ミーティングにて登壇させていただきました!

今回は大阪府起業家スタートアッパービジネスコンテストで一緒だった、株式会社シーアイ・パートナーズ 代表取締役の家住社長とご一緒でした!

IMG_2241
参加者のみなさまは熱心にお話を聞いておられ、これから障がい福祉の課題解決に向けて、さまざまなアプローチで取り組もうとしている皆さまに刺激を受けることができました。

0001

第6回全国生産活動・就労支援部会【職員研修会 兵庫大会】に協賛させていただきました!

11月9日・10日にあった、第6回全国生産活動・就労支援部会【職員研修会 兵庫大会】に協賛させていただきました。

この活動は、知的障がいのある方の社会参加や就労支援の強化などを目的とされており、「農福連携」や「六次産業化」を題材に情報の共有が行われました。
農福連携とは、ただ単に障がいのある方が農業をするというのではなく、『「農における課題」、「福祉(障がいのある方)における課題」、双方の課題解決をしながら双方に利益があるWin-Winの取り組み』と定義されており、共に成長していける関係が重要ということが伺えます。
今後、株式会社Lean on Meとしても障がいのある方の賃金向上に少しでも役立てればと思っています。

23622116_557638541242608_4190704118194583382_n

関西大学にて「障がい福祉とIT」について講演をさせていただきました!

昨年に続き、関西大学の総合情報学部の学生さんに、ITを使った社会貢献について講演をさせて頂きました。

一年前にお話させていただいた際には、自分もビジネスモデルができたところだったので皆さんに有益な話ができていたか不安が残っていたのですが、今年は喜多教授を含め、たくさんの方に「成長した」と言っていただき自信になりました。

学生の皆さまからも下記のようにコメントをいただくことができました。

「志村さんの話を聞いて、新しいことへチャレンジする重要性を感じました。
障害者の権利を守るために支援者や介護施設の方に向けてe-ラーニングを取り入れるという発想が凄いなと感じました。
市場規模もとても大きく、これから利益が大きく出せる見込みもあり凄い経営力だと感じました。
実際に自分で各地の施設を訪れて、現地の声を聞き、問題点を絞り出してそれを自分の事業に取り入れるところが感心しました。
理想の自分に向けてまだまだ時間があると思うので、これから頑張りたいと思います。」

22310234_10210796126719430_8282333210634639733_n