大阪府成長志向創業者支援事業「Booming!4.0」に選定されました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Booming!とは

ベンチャー企業は、産業の新陳代謝を促し経済成長の原動力となる存在です。
大阪府では、国の地方創生先行型交付金を活用し、株式の新規上場などをめざす成長志向のベンチャー企業に対して積極的に支援し、その成長を後押しするとともに、成功した起業家が後輩の起業家を支援する環境が大阪に定着するきっかけづくりを目的とした「成長志向創業者支援事業」を、実施しています。(引用元:大阪府HP「成長志向創業者支援事業」

実施団体について

EO Osaka

EO – Entrepreneurs’ Organization(起業家機構)は、1987年に設立された、年商$1MILLIONを越える会社の若手起業家の世界的ネットワークで、現在53か国170チャプター、12,000名以上のメンバーによって構成されています。
1995年10月に、EO Tokyoはその日本支部として、株式会社グロービス CEO堀義人氏が中心となり、日本の起業家を集めアジア初のチャプターとして設立されました。現在第22期では260人の起業家が在籍しています。
EO Osakaは、世界組織であるEOの日本における2つ目のチャプターとして2010年7月に大阪にて発足しました。
現在8期では、先進的なベンチャーマインドをもつ関西という地域に本居を構える起業家55名が在籍し、今後ますます進展するグローバル経済の動向を見極め、とりわけ発展するであろうアジア経済のハブを、この関西に構築することを目指し活動を行っています。
EO Osakaは、日々、大きな成長と志しを持った経営者が集まる団体です。(引用元:EO Osaka HP

成長志向創業者支援事業の概要について

1 支援プログラム
(1) アクセラレーター支援
■フォーラム ・・・ 経営課題解決のための、ミーティングや個別面談
■事業トラッキング ・・・ 支援対象企業の状況と事業活動内容を把握し、進捗を管理
■勉強会 ・・・ 経営の基礎を多角的に学ぶ勉強会を毎月提供
■全体集会 ・・・ 支援対象企業どうしの連携強化活動及び実践的、実利につながる環境の提供

(2) メンター(助言者)による支援
■IPO(株式の新規上場)経験者によるメンタリング
・ 月1回、1対1の個別指導
・ 自社の課題に対し、経験に基づいた指導を実施
参考:メンター陣(平成30年7月30日現在・氏名50音順)
* 家喜 信行 氏 日本PCサービス株式会社
* 池田 良介 氏 株式会社ウィルグループ
* 岩田 進 氏 株式会社ロックオン
* 岡 隆宏 氏 夢展望株式会社
* 岡本 泰彦 氏 ライク株式会社
* 田中 邦裕 氏 さくらインターネット株式会社
* 中島 成浩 氏 ネオ・イーコマース総合研究所
* 平川 昌紀 氏 株式会社きちり
* 前田 健司 氏 燦キャピタルマネージメント株式会社
* 藪ノ 賢次 氏 クックビズ株式会社

(3) 専門家と提携した課題解決支援
金融機関、人材会社、会計士、弁護士等の専門支援機関を紹介し、支援対象企業の抱える専門的課題を解決

2 目標
■2020年までに大阪からIPO3社を輩出
■当プログラムの支援開始から5年で参加企業の半数以上が売上高10倍

3 名誉顧問
■サントリーホールディングス株式会社 代表取締役副会長 鳥井 信吾 氏
■ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO 山田 邦雄 氏

4 受託事業者(Booming!事務局)
■一般社団法人 EO Osaka

http://www.pref.osaka.lg.jp/keieishien/seityoushikou/30shiensaki.html

Booming!4.0参加にあたって

Booming!2.0を経験して、自分にどのような変化があったかと言うと「視座」がとても上がりました。これは、たくさんの成長志向の起業家の皆さまに囲まれて、刺激を受け、「負けたくない」と思えたおかげで得られた経験です。Booming!3.0にも申し込もうか考えました(いえ申し込もむつもりでした)が、刺激を受けられる環境が当たり前ではないし、周囲に甘えてばかりはいられないと思い、踏みとどまりました。その背景にあったのは、売上の低さです。Booming!2.0に参加していた企業の中でおそらく一番売上の低い会社でした。売上を上げることが全てではありませんが、売上が高いことはサービスに対しての価値をお客様に認めていただけている結果なので、僕たちはもっともっとプロダクトに磨きをかけ、市場にアプローチをしていく必要がありました。今回、Booming!4.0に申し込もうと思った背景には、前回よりも売上を4倍にし、やっとスタートラインに立てたような気がしたからです。僕たちは、「障がい者にやさしい街づくり」を実現するために、そして、Special Learningを社会に広げていくためにも、Booming!4.0を通じて更に成長を加速していきます。まだまだ成長の初期段階である僕たちのような会社を選出してくださった大阪府さま、EO Osakaさまに恩返しをするためにも、大きく成長してみせます。また、Booming!4.0への参加にあたって、僕が無理言ってアポイントをとっていただいたにも関わらず日程変更の依頼をするという失礼を、快く対応してくださった社会福祉法人北摂杉の子会の松上理事長、そして関係者の皆さま、本当にありがとうございました。しっかりとお役に立てるように成長してきます。

志村駿介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読いただけます